pagetop

気象庁、緊急地震速報で誤報――“キャンセル報”は実施せず – ITmedia +D モバイル

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加このエントリをTwitterに追加

気象庁は8月25日17時に誤報の原因を発表した。「千葉三芳」の地震観測点から異常な振幅値のデータが送られてきた原因は、8月24日に実施したソフトウェア改修に不具合があったためだという。千葉三芳の地震観測点は震度計の機能も備えており、8月24日に震度計機能のソフトウェア改修を業者が実施したところ、改修対象ではない緊急地震速報処理を業者が作業したために不具合が生じ、振幅が過大に送信された。現在、千葉三芳の観測点は正しいソフトウェアに復旧し、運用が再開されている。

同庁は「今後このようなことがないよう業者への指導を徹底し、改修前後のソフトウェア等の比較結果についても業者に報告させ、気象庁もその内容を確認することで再発防止に努める」としている。

引用元: 気象庁、緊急地震速報で誤報――“キャンセル報”は実施せず – ITmedia +D モバイル.

結局誤報なんだね。
キャンセル報でまたあの音が鳴るのもびくりとくる。
でも今のは間違いでした的な物がくると思った。

Post a Comment

Eメールは必ず 入力してください。. *このマークが付いている物は必須項目です。

*
*

clear
clear

a